幼児期 どもり

子どものどもり

子どものどもり

 

子どものどもりは2〜5歳の幼児期に起こりやすいといわれています。

 

原因としては不明確ですが、幼児期は急激な言語発達の時期であるという理由があり、発達性吃音とも呼ばれます。

 

幼児期に発症したどもりは、小学校入学あたりで半数の子が簡単な指導あるいは自然に完治するとされています。

 

幼児期に発症したどもりが大人になるまで完治しないという状態は少ないとはいえども、ありえないことではありません。

 

子どもは自分がどもりであるという自覚を持っていません。

 

そのため、親が子どもの行動に注意をしてどもりの症状をみつけて、早期治療をさせる必要があります。

 

どもりの自覚がないとはいっても、言葉が上手く出てこないことやつかえてしまうことは無意識で嫌な事と思ってしまいます。

 

そのため、無意識に言葉を変えたり、「えっと、えっと」と言ってしまうことが多くなる行動がみられます。

 

幼児期のどもりを発見したからといってむやみやたらに叱ってはいけません。

 

「言葉を詰まらせずに早く喋らなくてはいけない」という気持ちを刷り込んでしまっては大人になって苦しむのは明白です。

 


子どもの吃音に気づいた母親が、子供が話す時は最後までゆっくり話を聞いたり、丁寧なゆったりとした返しを始めたところ、子供の吃音は次第に治ったというケースもあります。

 

 

医療機関の受診も大切ですが、子どもが話すことを躊躇わない環境を作ることも幼児期の子供にはとても大事なことだといえるでしょう。

 


トップページ 基礎知識 治療 改善トレーニング 改善術 サイトマップ