学童期 思春期 どもり

思春期時代のどもり

思春期時代のどもり

 

幼児期では半数が自然に治り、また本人も自覚しないという話でしたが小学校にあがると自覚しないわけにはいきません。

 

授業やクラスメートとの意思疎通など、幼児期と比べ話す機会は格段に増えます。

 

その中で、授業中に教師にどもりを指摘されたり、クラスメートにからかわれることでどもりであることを自覚し、次第に吃音症であると理解していくのです。

 

吃音であることを自覚し始めると、人前で話すことが億劫になり、他者と関わらなくなってしまうようになります。

 

自覚してしまえば、段々と治療が困難になります。

 

これが原因で自殺する場合もあるので、保護者の方は慎重に治療に関わっていく必要があります。

 

この時期では自覚をする子がほとんどで、自然治癒というのはなかなか難しいといえます。

 

けれど、この時期だとまだ早期治療の段階であり、改善の見込みはまだ高いとされます。

 

言語聴覚士のいる病院を受診したり、自治体やボランティアグループなどが作っている吃音者のグループに参加するのも一つの手でしょう。

 

もちろん、必ず根治するということはありません。

 

けれど、早めに対処することで日常生活を円滑に送ることが出来るようになります。

 

思春期の子供は、親に扶養されていることを重荷に感じて「治療をしたい」とも言い出せない子も多くいます。

 

また、親が「自然に治る」などといってそのまま苦しみながら大人になってしまう子もいます。

まず、親が吃音について理解し、早期に治療することが良いことを知ることも思春期の子のどもりには必要な事といえるでしょう。

 


トップページ 基礎知識 治療 改善トレーニング 改善術 サイトマップ