薬物療法 現状

薬物療法の効果

薬物療法の効果

 

どもりの治療法の中の一つに薬物治療があります。

 

しかし薬物療法はまだまだ試行錯誤の段階で、これからの研究に期待されている部分が大きいのです。

 

吃音者が実際に服用している薬やその効果、副作用に対してまとまったデータもない状況です。

 

しかしこれは吃音症の研究が進んでいない日本の話であり、国外では少しずつ薬物治療の効果が実証され始めています。

 

例えばジプレキサという抗精神病薬はどもりの症状を和らげるといった研究データが出ています。

 

他にも、ルボックス、レキソタン、アモキサンなどの不安や緊張状態を和らげる薬があります。

 

緊張状態をやわらげる状態を作ることで、どもりが発症する状況を減らそうとする試みです。

 

薬物療法で使われる多くの薬は精神安定の薬が多いです。

 

リラックス状態や筋弛緩状態をつくるので、副作用に多くみられるのは、眠気や日中のだるさ、ぼーっとしてしまうことがあります。

 

また、ベンゾジアゼピン系抗不安薬では、どもりの症状が改善せずむしろ悪化してしまうという可能性もあります。

 

こういった薬を使用したことない人は、かえって症状が悪化してしまう可能性もあるということ、薬物療法は万能ではないということを頭に入れておきましょう。

 

薬物療法に偏ってしまうよりは、様々な改善方法と併せていくことが良いとされています。

 

医師と話し合い、薬物との付き合いを上手く調整していくことが大切です。

 

 


トップページ 基礎知識 治療 改善トレーニング 改善術 サイトマップ